タイ古式マッサージのエステシャン

タイ古式マッサージで働く女性は風俗嬢という名称は使われなく、エステシャンと呼ばれることが一般的となります。
つまり施術を提供しているエステシャンであるために、性的サービスよりもマッサージが最高なんです。

 

全裸になってオイルなどを使用するケースの多いタイ古式マッサージでは、施術前と施術後にはシャワーを使用することとなります。
様々な事情がありタイ古式マッサージの中には、派遣型営業をしているお店もあるので、ホテルなどに呼んでもらうと良いでしょう。

 

いつも着ているような私服や白衣のようなコスチュームがタイ古式マッサージでは一般的ですが、お店によっては男性のエロ心をくすぐる過激なコスチュームを用意しているケースもあります。
トップレスや全裸でのマッサージもデリヘルタイプでしたら、可能なこともあります。

大阪 風俗、今すぐアクセス
http://www.asoviva.jp/osaka_fu/



タイ古式マッサージのエステシャンブログ:17年11月18日

わたしの友人の父が亡くなった。

友人の父が病気で入院したのは最近のことで、
けれど、先月、病状は悪化し危篤となり、
1週間後に、亡くなられたのだ。

その1週間、
友人はずっと病床で父を看病していた。
兄弟の中で、唯一、自由が利く職業だったから、
それは本当に幸運だったと言いながら、
本当に貴重な1週間だったと話してくれた。

友人の父は、自ら事業を興した人だった。
とても苦労をした人だったという。
そして、一心に仕事をする人だったという。

友人もまた、自ら事業を興し、
仕事を一生懸命やってきた。
その原点は、やはり父だった。

1週間の間、あらためてそれを思い出した。
そして、父が今までしてくれたこと、
自分達にかけてくれた愛情について思い出し、
どれほど父が愛を持って接してくれたかを感じたそうだ。

それは、
父にお礼が言いたいという
思いになっていった。
けれど、なぜか言えない。
どうしてか言葉にできない…

「ありがとう」
それが言えたのは、
心音が消えたその瞬間だったそうだ。

友人の話を聴きながら、
もし、自分の父が倒れて、
その最期を看取ることになったらどうするだろうと思った。

そんなこと、具体的に考えたことがなかったことに
わたしは気がついた。

わたしの父は、愉快な人だし、
話す時は大変饒舌になるが、
自分の真の心の内を語ることは少ない人だ。

父が今まで苦労してきたこと、本当に辛かったこと、
そして、わたし自身が今まで生きてきて辛かったこと、してほしかったこと…
そうした会話をきちんとしたことは一度もなかった。